限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 池内 紀

池内 紀

名前 池内 紀
カナ イケウチ オサム
 

プロフィール

1940年、兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者・エッセイスト。『ゲーテさんこんばんは』で桑原武夫学芸賞、『海山のあいだ』で講談社エッセイ賞、『恩地孝四郎―― 一つの伝記』で読売文学賞を受賞。その他著書に『消えた国 追われた人々――東プロシアの旅』、『戦争よりも本がいい』、『闘う文豪とナチス・ドイツ――トーマス・マンの亡命日記』、『亡き人へのレクイエム』、訳書に『カフカ小説全集』(日本翻訳文化賞)、ゲーテ『ファウスト』(毎日出版文化賞)、カント『永遠平和のために』、グラス『ブリキの太鼓』などがある。

このページのトップへ

著作一覧

ドイツ職人紀行

ドイツ職人紀行

職人たちの声に耳を傾ける珠玉のエッセイ

著者:池内 紀
 
 

このページのトップへ