限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 佐藤 優

佐藤 優

名前 佐藤 優
カナ サトウ マサル
 

プロフィール

1960年生まれ。作家、元外務省主任分析官。同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省に入省し、在ロシア連邦日本国大使館に勤務。その後、本省国際情報局分析第一課で、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍する。2002年5月に背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、起訴される。2009年6月有罪確定(懲役2年6ヵ月、執行猶予4年)。2013年6月に執行猶予期間を満了し、刑の言い渡しが効力を失う。著書は『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』、『自壊する帝国』、『私のマルクス』、『世界インテリジェンス事件史』のほか、共著に『インテリジェンスの最強テキスト』(手嶋龍一氏との共著)、『僕らが毎日やっている最強の読み方』(池上彰氏との共著)など多数。

このページのトップへ

著作一覧

MI6対KGB 英露インテリジェンス抗争秘史

MI6対KGB 英露インテリジェンス抗争秘史

元KGB将校が描いた「MI6裏面史」

 
インテリジェンスの最強テキスト

インテリジェンスの最強テキスト

初めての「インテリジェンスの教科書」!

著者:手嶋 龍一
佐藤 優
 
 

このページのトップへ