限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 激しい大気現象 5

激しい大気現象 5

激しい大気現象 5

大気現象はどのように起こるのか?メカニズムが分かれば、防災対策も出来る。過去の具体的な事例を挙げてわかりやすく解説。

著者 新田尚(元気象庁長官)
ジャンル 自然科学 > 気象 > 気象予報士試験対策
自然科学 > 気象 > 気象一般
シリーズ 新しい気象技術と気象学
出版年月日 2012/08/06
ISBN 9784490207606
判型・ページ数 A5・172ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

1.「激しい大気現象」とは 

2.個別現象
   2. 1台風 
2.2大雨/集中豪雨と局地的大雨(ゲリラ豪雨)
2. 3雷雨
2. 4積乱雲
2. 5竜巻
2. 6大雪/集中豪雪
2. 7ポーラーロー/寒冷渦
2. 8ガストフロント
2. 9ダウンバースト
2.10航空機にとっての激しい大気現象
2.11急速に発達する低気圧(爆弾低気圧)

3.「激しい大気現象」の観測と予報
3. 1観測
3. 2予報

4.防災対応

このページのトップへ

内容説明

元気象庁長官、新田尚先生監修による、シリーズ「新しい気象技術と気象学」全6冊の1冊目『天気予報はいま』。気象に関する「最新の知見と基礎的な知識」を一般の人々にわかり易く伝えます。

第5巻では、身近に起こる台風、竜巻、雷雨等、気象災害。身近に起こるが故に、被害は甚大です。そのような大気現象はいつ、どのように起こるのか。メカニズムが分かれば、防災対策も出来ます。過去の具体的な事例を挙げてわかりやすく解説しています。

以下続刊(本体予価2,400円)

『新しい気象観測』             石原正仁・津田敏隆 著 2012年10月刊行予定

このページのトップへ

関連書籍

改訂新版 気象予報のための天気図のみかた

改訂新版 気象予報のための天気図のみかた

種々の天気図に描かれた情報を読み解く。

著者:下山紀夫
 
最先端の気象観測

最先端の気象観測

気象観測の世界へ。技術は日々進歩する!

著者:石原正仁
津田敏隆
 
 
梅雨前線の正体

梅雨前線の正体 4

梅雨を楽しむための見方とは?

著者:茂木 耕作
 
長期予報のしくみ

長期予報のしくみ 3

長期予報を理解し仕事に役立てよう!

著者:酒井重典
 
 
日本付近の低気圧のいろいろ

日本付近の低気圧のいろいろ 2

気象学の新シリーズ 第2巻

著者:山岸米二郎
 
天気予報のいま

天気予報のいま 1

気象学の新シリーズ 刊行開始!

著者:新田尚
長谷川隆司
 
 

このページのトップへ