限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 一遍

一遍

その思想と生涯

一遍

仏者として、鎌倉期の浄土教の止揚に果たした役割を丹念に追求

著者 早田 啓子
ジャンル 宗教 > 宗教 > 仏教・神道
宗教 > 宗教 > 宗教一般
出版年月日 2013/03/15
ISBN 9784490207897
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

はじめに
【第一章 浄土思想の歴史】
  第一節 浄土について 
  第二節 阿弥陀仏と浄土の起源
  第三節 浄土経典について
  第四節 インドの浄土思想
  第五節 中国の浄土思想
  第六節 日本の浄土思想
【第二章 一遍の思想】
  第一節 源流
  第二節 展開
【第三章 一遍の生涯】
  第一節 誕生
  第二節 出家
  第三節 修行と安心への道
  第四節 宗教活動の構想
  第五節 遊行と踊り念仏
【第四章 一遍の和歌】
  第一節 宗教歌の機能概念
  第二節 宗教歌の磁場

  一遍年譜/一遍遊行回国図/おわりに/主要史料・参考文献

このページのトップへ

内容説明

遊行の聖として名高い鎌倉末期の浄土僧・一遍。その業績は、従来、踊り念仏など人口に膾炙した部分に光があてられていたが、本書では、仏者として、鎌倉期の浄土教の止揚に果たした役割を丹念に追求。カラー口絵8ページ。

このページのトップへ

関連書籍

浄土教の事典

浄土教の事典

比較宗教学から見た浄土教の事典。

著者:峰島 旭雄
 
仏教がわかる四字熟語辞典

仏教がわかる四字熟語辞典

インド・中国・日本の主要な諸文献からよ…

著者:森章司
小森英明
 
 
一遍辞典

一遍辞典

一切を捨て念仏の旅に生きた時宗の祖一遍…

著者:今井雅晴
 
 

このページのトップへ