限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 近世人の事典

近世人の事典

近世人の事典

近世に生きる人々の、具体的な生き方を属性という概念でとらえなおした新しい視点の事典

著者 深谷克己
須田努
ジャンル 歴史 > 日本史 > 近世史
歴史 > 日本史 > 日本史一般
出版年月日 2013/04/25
ISBN 9784490108330
判型・ページ数 A5・352ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序論  研究史

第1部 属性の中の人びと 
    1 朝廷に生きる人びと/2 武家を構成する主な人々/3 村に生きる人びと/4  町に生きる人々/
    5 宗教を生業とする人びと/6 琉球・蝦夷地に生きる人びと

第2部 属性を越える人びと  
    1 朝廷につながる人びと/2 武家につながる人びと/3 村につながる人びと/4 町につながる人びと/
    5 多様な宗教に生きる人びと/6琉球・蝦夷地に往来する人びと

このページのトップへ

内容説明

近世の身分制度は「士農工商」であると教科書で学習しましたが、その概念を考え直させるような非常に面白い内容。近世は、士農工商で一般には区分されるが、その枠組の中でも詳細にわかれ、また枠組を越えるような人たちも多く存在した。本書は、近世人の具体的な生き方を属性という概念でとらえなおした新しい視点の事典です。項目数は151。

このページのトップへ