限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 現代日本漢語の探究

現代日本漢語の探究

現代日本漢語の探究

日本語の語彙研究において、漢語は重要な研究テーマである。明治期以降の近代漢語について、気鋭の研究者13人の最新論文を収録。

著者 野村雅昭
ジャンル 日本語 > 日本語
日本語 > 日本語 > 学術書
出版年月日 2013/07/25
ISBN 9784490208368
判型・ページ数 A5・390ページ
定価 本体13,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

はじめに

[序章]―――現代日本漢語研究の展望

現代日本漢語研究の展望…………………………………………………………野村雅昭 
 1 現代日本漢語の輪郭(野村雅昭)   
 2 現代日本漢語研究の課題(野村雅昭)   

[本編]―――漢語の海

Ⅰ 造語の単位と機能
 日中字音語基の造語機能の対照………………………………………………荒川清秀 
 接辞性字音形態素の造語機能…………………………………………………山下喜代 
 字音語基の造語力………………………………………………………………中川秀太 
 品詞性による字音複合語基の分類……………………………………………野村雅昭 
 臨時的な四字漢語の形成………………………………………………………石井正彦 
   ―文章論的な視点から―
 基本漢語の多義性………………………………………………………………宮田公治 
   ―「簡単」とその類義語の意味分析―

Ⅱ 近現代日本語と漢語

 近代英和辞書の訳語と漢語……………………………………………………李 慈鎬 
   ―『附音挿圖英和字彙』(1873)と『増補訂正英和字彙』(1882)を中心に―
 近現代の漢語副詞の成立………………………………………………………趙 英姫 
 新語辞典と漢語…………………………………………………………………木村義之 
 漢語表記のゆれ…………………………………………………………………笹原宏之 

Ⅲ 東アジアにおける語彙交流

 近代日本漢語の形成と中国語…………………………………………………陳 力衛 
   ―漢訳『万国公法』から和訳『国際法』へ―
 中国語に借用された明治期の漢語……………………………………………朱 京偉 
   ―清末の4新聞を資料とした場合―
 東アジアにおける専門用語と漢語……………………………………………宋 永彬 
   ―韓国語の場合を中心に―


執筆者一覧

あとがき

索引

このページのトップへ

内容説明

 

現代日本漢語研究の最前線から14論文を収む! 

現代日本語に占める漢語の比率は、いまや和語を圧倒して日本語のほぼ半数にまで迫っている。日本語語彙における和語と漢語の比率が逆転するのは明治時代であり、この時期、大量の訳語や和製漢語が誕生した。これらは、現代日本語における漢語の中核をなしているものである。                   本書は、現代日本漢語における造語法・機能・形成・使用の実態・東アジア諸語との語彙交流など多方面にわたって、気鋭の執筆者13名が漢語研究における諸課題を論じた。

 

このページのトップへ

関連書籍

近代漢語研究文献目録

近代漢語研究文献目録

漢語研究に必須!

著者:李漢燮
 
 

このページのトップへ