限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 鎌倉遺文 補遺編・東寺文書 

鎌倉遺文 補遺編・東寺文書  第2巻

鎌倉遺文 補遺編・東寺文書 

『鎌倉遺文』全46巻に未収録の「東寺百合文書」を全4巻にわたって収録。

著者 鎌倉遺文研究会
ジャンル 歴史 > 日本史史料 > 中世
シリーズ 鎌倉遺文
出版年月日 2013/06/03
ISBN 9784490306798
判型・ページ数 A5・372ページ
定価 本体15,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

正応元年 ~ 文保三年

このページのトップへ

内容説明

中世期の残存文書の中で東寺文書は最大の量を誇る。本書は「東寺百合文書」「東寺文書」より『鎌倉遺文』古文書編・補遺編全46巻に収録されなかった文書約1000通を収録。

このページのトップへ

関連書籍

鎌倉遺文 補遺編・尊経閣文庫文書

鎌倉遺文 補遺編・尊経閣文庫文書

『鎌倉遺文』古文書編・補遺編をさらに補完

著者:菊池 紳一
 
鎌倉遺文 補遺編・東寺文書

鎌倉遺文 補遺編・東寺文書 第3巻

『鎌倉遺文』を補完する新シリーズ

著者:鎌倉遺文研究会
 
 
鎌倉遺文 補遺編・東寺文書

鎌倉遺文 補遺編・東寺文書 第1巻

今後の日本中世史研究に大きく役立つ史料

著者:鎌倉遺文研究会
 
 

このページのトップへ