限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 癖の心理学

癖の心理学

人のクセみて我がクセなおせ

癖の心理学

自分の癖(クセ)が、どんなものか知ってますか? ご存知 渋谷昌三先生による、初めての「癖」についての心理学本です。

著者 渋谷 昌三
ジャンル 哲学・思想・心理 > 心理
出版年月日 2013/08/23
ISBN 9784490208405
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 癖はなぜ、癖なのか
      誰にでもある「癖」とは何か?
      癖と依存症はグラデーション
      意識的な習慣、無意識の癖
      本書「癖辞典」における癖とは?
     癖はどうして生まれるのか?
      モデリング/習慣/学習/代償行為/ストレス緩和
     癖が受ける影響と傾向
      外交的・内向的/外罰的・内罰的/文化・風習/年代
     癖が人の印象を決める?
      未熟さの指標/社会的ポジション/文化的差異/ジェンダー

第2章 癖を味方にする方法
    「癖をよむ」とは?
      癖をよむ能力とは/人の癖をよみとる能力を測る/人の癖をよみとる「符号化」と「解読」/
      癖をモデリングして役立てる/「話し上手は聞き上手」のワケ/癖への同調が信頼感を生み出す
     服装などに出る「癖」から人をよみ解く
      スーツの癖/靴の癖/小物の癖
     初対面で出る「癖」から見抜く
      挨拶の癖/会話時の癖(視線)/会話時の癖(口元)/会話時の癖(手)/
      プレゼンをするときの癖/プレゼンを聞くときの癖
     社内で使える「癖」から人を見抜くワザ
      心の壁の高さは机まわりに出る/会議の席取り行動で意欲を測定できる/
      タバコの吸い方にみる欲求不満度/ランチの際の頼み方で決断力がわかる/
      お酒の席での癖で本心がわかる/話し方の癖で競争心がわかる/
      聞き方の癖で自信の有無がわかる/癖から見抜く「できる上司」とは
     恋愛や結婚生活にも「癖」分析を活かそう
      男性に多い癖と分析/女性に多い癖と分析
     癖を知ってメンテナンス&リカバリー
     癖を利用して心のバランスをとる
     本音が出やすい部分をカモフラージュ
    「悪い癖」を直し「良い癖」を身につける
     悪い印象の癖は指摘してくれない
     癖は無意識に行われる「行動セット」
     癖を取り巻くメカニズムを考える
     悪い癖はマシなくせに置き換える
     印象の良い癖で上書きする
      温かい人だと思われる癖/仕事ができそうに見える癖/頭が良さそうに見える癖/
      人気者だと思われる癖/誠実な人だと思われる癖
     自然に良い結果がもたらされる癖とは
      仕事の癖/表情の癖/目線の癖/人との距離の癖/自分に触る癖
     話し方の癖
      間をとる際の口癖/早口になる癖/小さな声で話す癖/否定語をつかう癖
     考え方の癖
      堂々巡りの癖/ギリギリになる癖/他人と比較する癖/決めつけ癖
     相手の悪い癖を直す方法
     癖に対する「強化子」を与えない
     他の行動をとらざるをえない状況を作る

第3章 癖事典

このページのトップへ

内容説明

人には何かしらの癖(クセ)がある。なぜ起こるのか。どういう心理状態で起こるのか。その癖をビジネスや恋愛に活かす方法、自分の癖を知って心のバランスをとる方法、よい印象にみられる癖とは、などを解説し、最終章には癖を起こすときの自分の状態とその性格を一覧表で見やすく楽しく解説。

このページのトップへ