限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 新訂 太平記

新訂 太平記 第1巻

新訂 太平記

日本文学研究者が、『太平記』を読むために新たに校訂し、歴史研究者があらすじと歴史的背景などを章段ごとに解説。

著者 太平記研究会
ジャンル 文学 > 古典文学 > 古典文学
歴史 > 日本史 > 中世史
出版年月日 2013/10/25
ISBN 9784490307047
判型・ページ数 A5・200ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫僅少
 

目次

第1巻には、巻一から巻五までを収録

このページのトップへ

内容説明

日本文学研究者が、『太平記』を読むために新たに校訂を加えるとともに、歴史研究者が本文にあわせてあらすじを書き、章段ごとに歴史的背景やなどを章段ごとに解説を加えた1冊。。「太平記」が書かれてから近い時期に書写された古態本の1つである「玄玖本」をテキスト化。本文上のあらすじを読むだけでも『太平記』の世界に入り込めます。
第1巻には、巻一から巻五までを収録。

このページのトップへ

関連書籍

新訂 太平記

新訂 太平記 第2巻

太平記の新たな校訂とあらすじと解説。

著者:太平記研究会
 
中世の内乱と社会   

中世の内乱と社会   

編者が自身の古稀に向けて,取り組んでい…

著者:佐藤 和彦
 
 
相剋の中世

相剋の中世

中世を「相剋」の世界としてとらえ,その…

 
 

このページのトップへ