限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 戦国遺文 三好氏編

戦国遺文 三好氏編 第1巻

戦国遺文 三好氏編

四国阿波を本拠地として、畿内に進出した戦国大名、三好氏。待望の網羅的文書集。全3巻。

著者 天野 忠幸
ジャンル 歴史 > 日本史史料 > 中世
歴史 > 日本史史料 > 戦国
シリーズ 戦国遺文 > 三好氏編
出版年月日 2013/11/25
ISBN 9784490307092
判型・ページ数 A5・312ページ
定価 本体17,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

寛正6年(1465年)~永禄4年(1561年)まで870通を収録

このページのトップへ

内容説明

信長以前に、室町幕府権力を排し、五畿内支配を実現した初めての戦国大名三好氏の編年文書集。三好氏は四国を本拠地とし、畿内に進出した戦国大名。京都・奈良・堺といった先進都市を領域内に収め、畿内の戦国政治史理解に欠くことができない。三好氏関連文書約2100通を編年順に全3巻で刊行。

このページのトップへ

関連書籍

戦国遺文 三好氏編

戦国遺文 三好氏編 第3巻

戦国大名三好氏の文書を編年順に網羅収録

著者:天野 忠幸
 
戦国遺文 三好氏編

戦国遺文 三好氏編 第2巻

戦国大名三好氏の文書を編年順に網羅収録

著者:天野 忠幸
 
 

このページのトップへ