限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 戦国北条氏五代の盛衰

戦国北条氏五代の盛衰

戦国北条氏五代の盛衰

城と主要人物に焦点を当てて読む、全国有数の戦国大名、北条氏100年間の通史。

著者 下山治久
ジャンル 歴史 > 日本史 > 中世史
歴史 > 日本史 > 近世史
出版年月日 2014/02/10
ISBN 9784490208597
判型・ページ数 A5・200ページ
定価 本体3,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 伊勢宗瑞(北条早雲)の出現
 第1節 京都から今川家家臣へ
 第2節 伊豆への侵攻
 第3節 相模での激闘
 第4節 武蔵南部への進撃

第2章 北条氏綱と武蔵国平定
 第1節 両上杉氏との激闘
 第2節 房総の天文の内乱に介入
 第3節 河東一乱と国府台の合戦

第3章 全国でも有数の戦国大名、北条氏康
 第1節 扇谷上杉氏を攻略
 第2節 上杉憲政との抗争と下野国への侵攻
 第3節 北条氏康の一族衆の活躍
 第4節 上杉謙信の小田原攻め

第4章 上杉謙信・武田信玄と戦う、北条氏政
 第1節 完成した支城支配
 第2節 上野国から下野国への侵攻
 第3節 武田信玄の小田原攻め
 第4節 関八州の領有と支城主

第5章 徳川家康・豊臣秀吉を相手として、北条氏直
 第1節 武田勝頼との激戦
 第2節 武田攻めと甲斐・信濃への侵攻
 第3節 小田原合戦
 第4節 小田原合戦と北条氏の動員

おわりに
参考文献

このページのトップへ

内容説明

戦国大名として数奇な運命をたどった北条氏。伊勢宗瑞(北条早雲)に始まる五代、約100年の事蹟と盛衰。京都の足利中央政権から離れて、今川氏の縁から伊豆に侵攻し、無から関東の覇者となるまで、山内上杉・扇谷上杉・古河公方さらには上杉謙信・武田信玄などとの抗争と連携などを詳述。また、信長・秀吉の天下統一の波に翻弄されて滅亡するまでを詳細にたどる。主要合戦図、周辺諸将との関係図、伊勢・北条氏略系図、北条関係関東城郭図なども収録。

このページのトップへ

関連書籍

戦国時代年表 後北条氏編

戦国時代年表 後北条氏編

研究者待望の詳細な戦国大名年表!

著者:下山治久
 
後北条氏家臣団人名辞典

後北条氏家臣団人名辞典

900家1600人を収録。後北条氏当主…

著者:下山治久
 
 

このページのトップへ