限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 後悔しない逝き方

後悔しない逝き方

患者さんが教えてくれた32の心得

後悔しない逝き方

これまでに3千人以上の患者の最期を看取ってきた医師による、画期的な「終幕論」。見事な生き方の全てがここに。

著者 帯津 良一
ジャンル 美容・健康 > 健康・医療 > 健康・医療
出版年月日 2014/12/10
ISBN 9784490208894
判型・ページ数 4-6・192ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 元気なころ
 どんな仕事であっても精いっぱいやる/「自分も将来はこうなりたい」と思えるような先輩を見つける/
 たくさんの本に親しむ、ほか

第2章 老いを意識したころ
 老いには老いのよさがあることを知る/老いらくの恋でこころをときめかせる/
 一人暮らしのすすめ。年を取ったからこそ自由に生きられる、ほか

第3章 病を得て
 病気になったことを悔やむのではなくこれからどう生きるかを考える/検査結果に左右されない/
 病と闘うための「よい場」をつくる、ほか

第4章 死を意識するころ
 生と死を分けて考えない。生と死はひと続き/死後の世界があると信じる/ 「死の予行演習」をしておく、ほか

このページのトップへ

内容説明

どこで、どんなかたちで最期を迎えるか。後悔しない人生の幕引きとは――。これまでに3千人以上の患者の最期を看取ってきた名医が、生きること、そして病、老い、死との向き合い方について率直に語る。画期的な終幕論。

このページのトップへ