限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 仰げば尊し

仰げば尊し

幻の原曲発見と『小学唱歌集』全軌跡

仰げば尊し

発見された「仰げば尊し」の原曲を通して『小学唱歌集』の謎へ迫り、明治以降の「日本の歌」の成立と受容の謎を探る。

著者 安田 寛
ヘルマン・ゴチェフスキ
櫻井 雅人
ジャンル 芸術 > 音楽 > 日本音楽
芸術 > 音楽 > 音楽一般
出版年月日 2015/02/10
ISBN 9784490208948
判型・ページ数 A5・368ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

1章 「仰げば尊し」その原曲探索の長い道のり
2章  歴史から消えていた『ソング・エコー』と原歌詞
3章 「仰げば尊し」とその原曲の分析
4章 『小学唱歌集』全三編の原曲探索法
5章  改めて問われる原曲とは
6章 『小学唱歌集』民謡説の真偽
7章 『小学唱歌集』賛美歌説の真偽
8章  賛美歌曲が『小学唱歌集』に混入した理由
9章  南洋の賛美歌と『小学唱歌集』をつなぐもの
10章 『小学唱歌集』唱歌説の真偽
11章 『小学唱歌集』の起源はプロイセンの教育用民謡か
12章 辿り着いた意外な結論とは

≪『小学唱歌集』全曲の原曲リスト付≫

このページのトップへ

内容説明

長らく不明であった卒業ソングの定番「仰げば尊し」の原曲。しかし2011年、その原曲がつきとめられた。本書はその発見を中心に、『小学唱歌集』全体を考察、日本の近代歌謡の成立、日本人の心に刻まれ歌い継がれる歌の成立と受容の過程を解き明かす。日本近代歌謡文化史の空白を埋める画期的考察。

このページのトップへ

関連書籍

唱歌大事典

唱歌大事典

唱歌の歴史・変遷が体系的にわかる初の資料

 
高野辰之と唱歌の時代

高野辰之と唱歌の時代

「ふるさと」を作った男の音楽と教育の情熱

著者:権藤 敦子
 
 

このページのトップへ