限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 大日本帝国の海外鉄道

大日本帝国の海外鉄道

大日本帝国の海外鉄道

日本統治下にあった台湾、朝鮮、樺太などに敷設した鉄道は、どこを通り、どんな列車が走っていたのか?その実態を紹介。

著者 小牟田 哲彦
ジャンル 歴史 > 日本史 > 近現代史
趣味 > 鉄道 > 鉄道
出版年月日 2015/11/25
ISBN 9784490209112
判型・ページ数 4-6・320ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

概 説 外地に関する基礎知識

第1章 台湾の鉄道旅行
 1 台湾の鉄道事情概観
   ~産業鉄道としての性格が強かった~
 2 日本統治時代の台湾の観光事情
   ~南国情緒の温泉と豊かな自然が魅力~
 3 台湾へのアクセスルート
   ~内地からも大陸からも航路が多数~
 4 日本統治下にあった台湾への第一歩
   ~出入域手続き、時差、両替事情~
 5 台湾の鉄道旅行とことば
   ~中国風と日本風の名称が混在~
 6 台湾に広がる多彩な鉄道網
   ~官営鉄道、製糖鉄道、そして手押し台車~
 7 台湾島を走った名物列車
   ~長距離急行にもトロッコにも一等があった~
 8 台湾を上手に旅するトクトクきっぷ
   ~外地で唯一の普通遊覧券が便利~
 9 台湾の鉄道名所を訪ねる
   ~日本一高い駅は台湾にあった~

第2章 朝鮮の鉄道旅行
 1 朝鮮の鉄道事情概観
   ~内地よりも高規格の国際鉄道として発展~
 2 日本統治時代の朝鮮の観光事情
  ~戦跡巡りがメインルート~
 3 朝鮮へのアクセスルート
   ~陸・海・空に開かれた多様な行路~
 4 朝鮮の出入域事情
   ~同じ日本国内なのに税関検査があった~
 5 当初は混在した内地との時差
   ~鉄道創業期は内地より32分遅かった~
 6 朝鮮旅行での両替事情
   ~日本円と等価の朝鮮銀行券~
 7 朝鮮の鉄道旅行とことば
   ~駅名標の文字は4種類~
 8 朝鮮各地の多彩な鉄道路線
  ~国鉄と私鉄が観光客輸送で連携~
 9 朝鮮を駆け抜ける看板列車
   ~「のぞみ」「ひかり」は朝鮮で生まれた~
 10 朝鮮を上手に旅するトクトクきっぷ
   ~内地からも現地でも種類はさまざま~
 11 朝鮮の鉄道名所を訪ねる
   ~朝鮮の伝統駅舎や雄大な景勝路線~

第3章 関東州の鉄道旅行
 1 関東州の鉄道事情概観
   ~人力のハンドカーから満洲への国際路線まで~
 2 関東州へのアクセスルート
   ~陸・海・空から大連へ~
 3 関東州を旅するテクニック
   ~通貨、ことば、割引きっぷなど~
 4 関東州の鉄道路線
   ~旅順線と大連市電が観光客の足~

第4章 満洲の鉄道旅行
 1 満洲の鉄道事情概観
   ~日本とロシアが鉄道権益を奪い合った~
 2 満洲の観光事情
   ~満鉄沿線を中心に観光地化が進んだ~
 3 旅行時の治安について
   ~満鉄附属地以外は安全確保に注意~
 4 満洲へのアクセスルート
   ~大連ルートと朝鮮ルートが競合~
 5 パスポートがいらない外国・満洲
   ~中華民国時代から日本人はパスポート不要~
 6 同じホームで並ぶ列車に時差がある
   ~満鉄と東清鉄道は26分違い~
 7 鉄道旅行者は複数の暦を使い分けよう
   ~時刻表の年号を読み解く~
 8 統一通貨がない満洲国以前の両替技術
   ~旅行者泣かせの複雑な通貨事情~
 9 満洲の鉄道旅行とことば
   ~中国語、日本語、そしてロシア語~
 10 満洲開拓と欧亜連絡を担う、満洲の各路線
   ~満鉄は全満洲の鉄道路線の1割強~
 11 万里の長城を越えた日本の鉄道路線
   ~国家主権を超越した異形の鉄道~
 12 満洲の大地を走る名物列車
   ~国際色豊かな満洲の急行列車たち~
 13 満洲を上手に旅するトクトクきっぷ
   ~割高な満鉄の旅には割引切符が不可欠~
 14 満洲の鉄道名所を訪ねる
   ~近現代史の現場が鉄道と隣り合わせ~

第5章 樺太の鉄道旅行
 1 樺太の鉄道事情概観
   ~島の東西両海岸沿いを路線が北上~
 2 樺太へのアクセスルート
   ~冬は困難な宗谷海峡越え~
 3 樺太を旅するテクニック
   ~日露駅名比較表で駅名確認を~
 4 樺太の鉄道名所ガイド
   ~雄大なループ線が自慢の最北鉄道~

第6章 南洋群島の鉄道旅行
 1 知られざる南洋群島の鉄道
   ~産業鉄道が散在する未知の島々~
 2 南洋群島の旅行案内
   ~観光ガイドブックに記述なし~
 3 サイパン・テニアン・ロタの鉄道
   ~旅客列車も走った南洋群島の代表的鉄道~
 4 パラオの鉄道
   ~全容不明の鉱石運搬鉄道~

このページのトップへ

内容説明

日本統治下にあった台湾、朝鮮、樺太などに敷設した鉄道は、どこを通り、どんな列車が走っていたのか。また、現地の通貨、内地と異なる切符、時差や旅館など、当時の人がどのような鉄道旅行をしたのかを詳しく解説。

【書評掲載案内】

中日新聞(朝刊)2016年 1月31日                                                    東京新聞(朝刊)2016年 1月31日                                                         河北新報(朝刊)2016年 1月24日                                                                                            佐賀新聞(朝刊)2016年 1月17日                                                                          四國新聞(朝刊)2016年 1月17日                                            
神戸新聞(朝刊)2016年 1月17日                                                                   信濃毎日新聞(朝刊)2016年 1月17日                                                             山梨日日新聞(朝刊)2016年 1月17日                                                           下野新聞(朝刊)2016年 1月17日                                                                    秋田魁新報(朝刊)2016年 1月17日                                                                  北國新聞(朝刊)2016年 1月16日                                                                       琉球新報(朝刊)2016年 1月12日                                                                   読売新聞(夕刊)2015年12月28日                                                                      山陰中央新報(朝刊)2015年12月13日

 

第41回 交通図書賞 奨励賞 受賞   2016年3月

  

このページのトップへ

関連書籍

アジアの鉄道の謎と不思議

アジアの鉄道の謎と不思議

「世界最速のリニアモーターカー」から「…

著者:小牟田 哲彦
 
今でも乗れる昭和の鉄道

今でも乗れる昭和の鉄道

昭和の新幹線に乗る方法や国鉄時代の車両…

著者:小牟田 哲彦
 
 

このページのトップへ