限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 本能寺の変

本能寺の変  新刊

史実の再検証

本能寺の変

歴史研究でも見落とされてきた脚色された事項を、従来の史料の見直しと新資料から徹底的に検証

著者 盛本 昌広
ジャンル 歴史 > 日本史 > 中世史
歴史 > 日本史 > 日本史一般
出版年月日 2016/03/23
ISBN 9784490209327
判型・ページ数 4-6・320ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 梅雨と光秀の連歌・高松城水攻め
第2章 信長が油断していたというのは本当か?
第3章 本能寺の変の情報伝達-変の情報はどのように伝わったのか?
第4章 中国大返しの虚構
第5章 山崎の戦いの真相
第6章 安土城炎上の真相
第7章 信長の遺体と無縁の寺阿弥陀寺
第8章 変の原因と四国説

このページのトップへ

内容説明

戦国時代の最大の謎といってもいい本能寺の変。さまざまな説があり小説でも有名である。小説のみならず、歴史研究でも見落とされてきた脚色された事項を、様々な分析視覚や視点を取り入れ、一次史料を中心にして、本能寺の変に関する諸事象を検証。また、二次史料も内容を吟味し、一次史料との整合性に注意し適宜使用して検証を図る。

このページのトップへ