限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > ウラジオストク

ウラジオストク  新刊

日本人居留民の歴史 1860~1937年

ウラジオストク

ロシア極東の都市ウラジオストクの日本人居留民の移動と生活の歴史。当時の資料・写真・関係者の証言に基づく文献にして第一級の史料

著者 ゾーヤ・モルグン
藤本 和貴夫
ジャンル 歴史 > 日本史 > 近現代史
歴史 > 世界史
出版年月日 2016/07/25
ISBN 9784490209426
判型・ページ数 A5・320ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1部 日本人最初のウラジオストク移住から日露戦争終結まで
第2部 ポーツマス条約から日本の軍事干渉終了まで(1905~1922年)のウラジオストク日本人居留民
第3部 日ソ外交関係の樹立前後から1937年の全日本人引き揚げまでのウラジオストク日本人社会
解 説 ウラジオストク小史(訳者解説)
注一覧 
附録1 1909年における日本の商店およびその他の施設一覧
附録2 1924年のウラジオストクにおける日本人一覧
附録3 1876年~1946年の日本国総領事一覧
人名索引

このページのトップへ

内容説明

ロシア極東の都市ウラジオストクに初めて日本人が移住した1860年から、日露戦争・第一次世界大戦を経て日露関係が悪化し全日本人が引き揚げる1937年までの時代を資料・写真・関係者の証言等をもとに丁寧に追う。日露関係史・ロシア史だけでなく、日本近代史の中の「日本社会」や「経済活動」を知り、また、当時の世界情勢における日本の位置を知る上で非常に興味深い一冊。

このページのトップへ

関連書籍

プーチンの国家戦略

プーチンの国家戦略

謎の大国ロシアの全貌と戦略に迫る

著者:小泉 悠
 
 

このページのトップへ