限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 江戸の風俗事典

江戸の風俗事典  新刊

江戸の風俗事典

江戸の人々の暮らしや、社会の風俗がどのようなものであったのか。本当の江戸時代の生活を探る事典

著者 石井 明
ジャンル 歴史 > 日本史 > 近世史
歴史 > 日本史 > 文化史
民俗 > 民俗学 > 民俗・風習
出版年月日 2016/11/10
ISBN 9784490108828
判型・ページ数 A5・232ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

凡例

江戸という都市
 一 江戸の誕生
    江戸の町のなりたち/天下普請/山の手と下町/江戸の町の道路/両側町と片側町
    発展する江戸の町/広小路/盛り場

 二 江戸の地理と物流
    江戸城、御曲輪の周辺/江戸の町並み/江戸の河川と掘割

 三 魚市場と青物市場
    魚市場/芝の魚市場/日本橋の魚市場/青物市場

武家の世界
 四 殿様と家来
    将軍とその一族/大名/お殿様のはなし/お大名の食生活/将軍の家臣(直参)
    大名の家臣(陪臣)/浅黄裏(勤番侍)/浅葱裏の暮らし/武家奉公人/浪人の暮らし

 五 町奉行所の役人
    江戸の町の範囲/町奉行所/町奉行/大岡越前守のお裁き/与力と同心

町方の自治
 六 町年寄、名主、五人組
    町の行政と自治/町年寄/町名主/名主の職務/五人組と月行事

 七 自身番と木戸番
    自身番/自身番の構成員/町代さん/自身番の構造/木戸番/番太郎

 八 大家さんと店子
    江戸の住宅事情/家主/裏長屋(裏店)/裏長屋の内部/上水道/下水道/
    江戸のトイレット/掃溜め/お稲荷さん/長屋の大家さん/長屋の店子

江戸の社会
 九 火災と消防
    江戸の火乃要慎/江戸の消防組織/町内の鳶頭/鳶人足の生活

 一〇 犯罪と刑罰
     犯罪と刑罰/窃盗の罪/強盗の罪/追剥・追落の罪/詐欺の罪/無銭飲食
     恐喝の罪/横領の罪/殺人の罪/傷害・暴行の罪/失火・放火の罪
     刑罰のこと/密通・姦通の罪

 一一 江戸の富くじ
     賭博というもの/江戸の賭博/賽子博奕/江戸の富くじ/富興行のしくみ
     富くじの抽選

お店の世界
 一二 お店と若旦那
     上方資本の「江戸店」/江戸の商人/お店者とは/若旦那/お店の奥向き

 一三 権助とお清どん
     江戸のハローワーク/人宿・桂庵/出替りと居成り/飯炊き権助/女中と下女
     乳母と子守

 一四 ご隠居さん
     江戸人の平均寿命/隠居とは/隠居の準備/隠居生活の形態
     隠居の道楽/落語の中のご隠居さん

 一五 町方の女房
     かか・かかあ/長屋の夫婦/落語の中の女房/おかみさん/
     おくさま・おくさん/ご新造さん/後家さん

 一六 お妾さん
     お妾さんとは/妾の社会的背景/女房と妾の争い/お妾稼業の形態

江戸っ子の暮らし
 一七 江戸っ子の美意識
     江戸っ子の誕生/江戸っ子の資格/山東京伝『通言総籬』から/江戸っ子気質
     江戸っ子のイメージ/江戸っ子の美意識/彫物と江戸紫

 一八 江戸の歳時・祭礼と信仰
     江戸の歳時・祭礼/江戸の信仰・俗信

 一九 江戸の暦と時刻
     暦の歴史/太陰暦と太陰太陽暦/十干・十二支/方位・方角/江戸の時刻
     時そば(時うどん)の噺/時の鐘

 二〇 江戸のお金事情
     通貨とは/通貨の歴史/通貨の空白時代と輸入銭/江戸の三貨制度/金貨の単位
     銀貨の単位/銭貨の単位/通貨の交換比率/米価と諸色(物価)/庶民の暮らし

 二一 江戸の飲食
     茶屋とは/食品・食材/菓子・甘味処/酒屋と酒飲み/江戸の外食産業
     江戸のファーストフード/蕎麦とうどん/二八そば/夜鷹そば(夜啼きうどん)

諸職商売往来
 二二 江戸の生業
     商売の形態/江戸の商売往来/修理・回収業/振売り、立売り、床店、干店など

 二三 大工・左官と職人衆
     職人たちの町/大工と左官/棟梁という役職/大工の手間賃と暮らし
     職人の労働実態/甚五郎ばなし/建具屋の半ちゃん/植木屋さん

 二四 湯屋・風呂屋
     朝湯好きな江戸っ子/風呂の歴史/風呂屋と湯屋/江戸の湯屋
     町の銭湯/男女混浴/板の間稼ぎ

 二五 髪結床、廻り髪結い、
     髪結床のはじまり/内床と出床/髪結いの鑑札と賦役/髪結床点描
     髪結いの親方と職人/廻り髪結い/女髪結い/女髪結いの風俗

 二六 船頭さんと駕籠かき
     隅田川の橋と渡し/近海の船と川舟の種類/船宿の風俗
     乗物と駕籠/駕籠かき

遊里と芸能
 二七 吉原の遊女
     三都の遊廓/高尾太夫の逸話/吉原へ登楼するまで/引手茶屋・揚屋・遊女屋
     廓の作法/女郎とは/遊女の等級/吉原の大衆化/張見世と廻し/中引けと大引け

 二八 岡場所の女郎
     岡場所とは/宿場・伝馬/四宿/四宿の女郎/岡場所の切遊び/局見世と夜鷹

 二九 花街の芸者
     女芸者の誕生/吉原の廓芸者/町芸者/料理屋と芸者

 三〇 たいこもち
     たいこもちの語源/たいこもちの歴史/幇間・男芸者/幇間の家元制度
     幇間の修業/たいこもちの生活/たいこもちの末

 三一 遊芸のお師匠さん
     稽古所と寺子屋/遊芸の稽古所/江戸の音曲/江戸のはやり唄

 三二 役者・芸人・お相撲さん
     歌舞伎の誕生/歌舞伎の内容/歌舞伎役者の階級/歌舞伎の興行
     寄席・釈場/噺家/講釈師/お相撲

江戸庶民の生と死
 三三 病気と医療
     江戸の疾病/江戸の妙薬

 三四 お医者さまと按摩さん
     医師の資格/お医者さまの歴史/本道(内科)/外療(外科)/産婦人科
     江戸のお医者さま/診療代と薬礼/お医者さま点描/医者の副業
     按摩の医者/按摩の療法/按摩さんの風俗

 三五 出生と婚礼と葬礼
     通過儀礼/出生/成育過程/結婚/葬礼

参考図書一覽
あとがき
索引

このページのトップへ

内容説明

江戸が都市としてどのように整備され発展していったか、居住する江戸の人々の暮らしや、社会の風俗がどのようなものであったかを、風俗資料や随筆・落語などを引用・紹介して、9章35のテーマを設定し228項目で解説。本当の江戸時代の生活が見えてくる。

このページのトップへ