限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 航空・貨物の謎と不思議

航空・貨物の謎と不思議  新刊

航空・貨物の謎と不思議

航空貨物機体・物流システム・旅客便との違い、国際物流の花形、航空貨物のすべてが分かる!

著者 谷川 一巳
ジャンル 趣味 > 飛行機 > 飛行機
出版年月日 2016/11/25
ISBN 9784490209549
判型・ページ数 4-6・256ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 航空貨物便はこのように飛んでいる 
    001 旅客が乗る旅客便の床下でも貨物は運ばれる 
    002 貨物機の構造はどうなっているだろうか
    003 床面高さの工夫で貨物スペースをつくる 
    004 767がセミワイドボディ機といわれる理由 
    005 737とA320では貨物輸送に大きな差
    006 貨物の出し入れはこう行われる

第2章 物流における航空貨物 
    007 インテグレーターとフォワーダー 
    008 日本発着の国際航空貨物は多くが工業製品 
    009 航空貨物が緊急的に使われるケースも多い
    010 航空貨物運賃は何で決まる?
    011 日本の産業構造と密接な関わり 
    012 近年の旅客機は床下の貨物スペースが大きい 
    013 狭い国土の日本ならではの国内航空貨物需要 
    014 旅客機を貨物専用便として運航することも 
    015 空港別にみる貨物取扱量ランキング 

第3章 貨物便の機体 
    016 ボーイングの貨物機 
    017 旧ダグラス/旧マクドネル・ダグラスの貨物機
    018 ロッキードの貨物機 
    019 エアバスの貨物機 
    020 旧ソ連製の機体 
    021 その他の貨物専用機 

第4章 貨物便を日本へ運航する航空会社 
    022 貨物専用便で日本路線を運航する航空会社 
    023 貨物専用便で日本路線を運航する航空会社 
    024 かつて日本発着の貨物便を運航した航空会社 
    025 航空会社の貨物輸送ランキング 

第5章 貨物便ならではの航空事情 
    026 小口(宅配便など)と大口の貨物がある 
    027 日本の国内のみ運航する貨物専用機はない 
    028 ハブ&スポークの運航をする貨物便 
    029 貨物便には周回するように飛ぶ便も多い 
    030 貨物便には世界一周便も珍しくない
    031 給油のための寄港が多いのも貨物便の特徴 
    032 貨物専用便のさまざまな運航方法 
    033 新潟へ飛んでいた貨物専用機の役わりは? 
    034 貨物便の小松空港乗り入れには意味がある 
    035 簡易塗装も多かった貨物専用機 
    036 機体に社名を記さなかった貨物機もあった 
    037 近年の貨物ターミナル事情 
    038 貨物拠点として成長する成田空港と周辺 
    039 貨物便は重量感から写真の被写体として人気 

このページのトップへ

内容説明

知られざる「貨物専用の航空便」と「航空貨物会社」を扱う。自分で動かない貨物の輸送は、自分で動いてくれる旅客を運ぶときとは全く違うシステムで動いている。貨物専用機はどんなものか、どうやって運んでいるかを詳細に紹介。

このページのトップへ

関連書籍

まだある旅客機・空港の謎と不思議

まだある旅客機・空港の謎と不思議

読めば役立つ楽しい情報が満載!

著者:谷川 一巳
 
空港・航空券の謎と不思議

空港・航空券の謎と不思議

地方空港に共通する問題点や空港のターミ…

著者:谷川 一巳
 
 
旅客機・航空会社の謎と不思議 

旅客機・航空会社の謎と不思議 

プロペラ機から最新のジェット機まで,日…

著者:谷川 一巳
 
旅客機・空港の謎と不思議

旅客機・空港の謎と不思議

「なぜ機体への乗降は左側なのか」「滑走…

著者:谷川 一巳
 
 

このページのトップへ