限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 地名が語る京都の歴史

地名が語る京都の歴史  新刊

地名が語る京都の歴史

京都の現代にも残る地名や歴史の中で消えた地名について、古代から現代に至るまで、その時代ごとの背景の中で詳細に考察。

著者 綱本 逸雄
糸井 通浩
ジャンル 歴史 > 日本史 > 日本史一般
歴史 > 日本史 > 地名・地図
出版年月日 2016/12/09
ISBN 9784490209563
判型・ページ数 A5・496ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 平安京以前(古代氏族の勢力分布、木簡にみる山背の郡郷、平安京周辺の条理と地名、桓武登場と長岡京造営 など)
 
第2章 平安王朝時代(条坊制―大路小路の整備、平安京起源の地名、平安京の周縁、歌枕の成立と文学にみる地名 など)

第3章 武士・庶民の躍動 鎌倉・室町前期(武家政権と六波羅、京の「口」地名と街道、祇園御霊会と町衆の躍動 など)

第4章 天下人の時代(西陣の起こり、町の形成と町名、秀吉の都市改造、伏見城と城下町の建設、南蛮文化と地名 など)

第5章 近世文化都市の興隆(災害と町づくり、寺社の整備と信仰の組織化、名所・名勝めぐりの庶民化 など)

第6章 幕末から現代へ(京都の再出発ー近代化への道、鉄道地名の発生、戦争と京都、行政区の整備と拡大 など)  

このページのトップへ

内容説明

地名にはその土地の歴史が刻まれている。本書は京都の現代にも残る地名や歴史の中で消えた地名について、古代から現代に至るまで、その時代ごとの背景の中で詳細に考察。京都史の新たな一面を浮かびあがらせる。

このページのトップへ

関連書籍

京都地名語源辞典

京都地名語源辞典

京都の地名の由来を知るための郷土辞典

 
京都の地名由来辞典   

京都の地名由来辞典   

京都市の現行地名を中心に,およそ100…

著者:下坂守
源城政好
 
 
京都はじまり物語

京都はじまり物語

京都の知られざる歴史、エピソードが満載!

著者:森谷 尅久
 
 

このページのトップへ