限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 商売は地域とともに

商売は地域とともに  新刊

神田百年企業の足跡

商売は地域とともに

全国に3万社を超える100年企業がある中で、「東京 神田」にスポットを当て、その歴史と老舗経営のノウハウを紐解く

著者 NPO法人神田学会
東京大学 都市デザイン研究室
ジャンル 社会 > ビジネス > その他ビジネス
出版年月日 2017/05/25
ISBN 9784490209471
判型・ページ数 A5・224ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 日本の老舗、神田の老舗
    ・なぜ日本には老舗が多いのか
    ・なぜ神田に老舗が多いのか
第2章 神田のまちと百年企業
    ・神田のまちの成り立ちと特長
    ・神田の百年企業のまちづくり―企業の地域戦略
    ・働くまち、住むまち神田~地域と商売との関係
第3章 百年企業の生き残り戦術
    ・それぞれの企業の生き残りのドラマ
    ・時代に適合することと個性を守ることの相克
    ・ドラマから浮き上がる企業の生き残り戦術  ほか
第4章 神田多町の歩んだ百年
    ・老舗のいるまち神田をまちから見る
    ・産業で栄えた職人のまち多町
    ・時代の波に変わりゆく多町の姿 ほか
第5章 老舗に読み取る神田の未来景
    ・神保町古書街の「生きた風景」
    ・「生きた風景」の継承に向けて  ほか

このページのトップへ

内容説明

長寿企業大国日本。全国に3万社を超える100年企業がある中で、「東京 神田」にスポットを当て、その歴史と老舗経営のノウハウを紐解く。100年続く老舗企業の繁栄には、古くからの街づくりが深く関わっていた。

このページのトップへ