限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > そもそもプロマジシャンというものは

そもそもプロマジシャンというものは

そもそもプロマジシャンというものは

現役プロマジシャンからみたプロの悩みや考え方を、師匠と弟子のやり取りから読み解く指南書。

著者 藤山新太郎
ジャンル マジック > マジック > その他・オムニバス
出版年月日 2010/01/13
ISBN 9784490206869
判型・ページ数 A5・352ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1話 お客さんの心持ち        
第2話 マジックでホームランを打つには 
第3話 水芸の芸とは何ぞや       
第4話 クロースアップの生きる道    
第5話 弟子になるには         
第6話 種明かし            
第7話 種明かしの顛末
第8話 リサイタルを開くには 
第9話 和の心、蝶の心
第10話 スライハンドに復権はあるか
第11話 FISM、FISMと草木もなびく
第12話 プロになるには
第13話 稼げるマジシャン

このページのトップへ

内容説明

プロマジシャンとは何か、プロとは何をするものなのか。マジックのタネ・仕掛けを知っただけではマジックは出来ないという、現役プロからみたプロの悩みや考え方を、師匠と弟子のやり取りから読み解く指南書。『ザ・マジック』に連載された”そもそもプロというものは”を大幅に加筆・訂正。多くの読者の方々のご要望に応え、待望の単行本化です!

このページのトップへ

関連書籍

実証・日本の手品史

実証・日本の手品史

日本の手品の歴史

著者:松山光伸
 
 

このページのトップへ