限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 実証・日本の手品史

実証・日本の手品史

実証・日本の手品史

日本人自身が知らなかった日本人マジシャンや芸人が何人も海外で活躍していたという事実や、今まで語られていた歴史の誤りなど…

著者 松山光伸
ジャンル マジック > マジック > その他・オムニバス
出版年月日 2010/09/15
ISBN 9784490207101
判型・ページ数 A5・440ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫僅少
 

目次

第一部 マジック開国史
第1章 開国前に伝えられた「バタフライ・トリック」
第2章 世界に飛び出た最初の日本人手品師
第3章 内外交流の先駆けとなった柳川一蝶斎一門
第4章 誤解に満ちた初期の西洋マジックの伝来
第5章 ソト・スネタローの奇想天外なトリックとその生涯
第6章 居留地から東京進出の機をうかがった西洋マジシャン達(その1)
第7章 居留地から東京進出の機をうかがった西洋マジシャン達(その2)
第8章 大評判になったワッシ・ノートン一座
第9章 西洋奇術の父とされた松旭斎天一
第10章 松旭斎天一の晩年と、あとに続くマジシャン
第11章 明治のマジック西洋化についての総括
第12章 西洋が受け止めた日本の手品
第13章 注目すべき解説書
第14章 二本筒からのプロダクションで名を上げたK.T.クマ
第15章 女性マジシャンの活躍とアマチュアの台頭
第16章 飛躍期を迎えた日本奇術界と新時代のリーダー達

第二部 独自の発展を遂げた日本の手品
第1章 放下前史
第2章 南蛮寺興廃記に記されたキリシタンの幻術
第3章 歌舞伎の発祥とともに現れた日向太夫と都伝内
第4章 存在しなかった元禄時代の呑馬術!?
第5章 辻放下と伝授書
第6章 幕末のエピソード
第7章 外国人が見た最初の水芸
第8章 開国期の民間外交の功労者タンナケル・ブヒクロサン
あとがき
索引

このページのトップへ

内容説明

日本人自身が知らなかった日本人マジシャンや芸人が何人も海外で活躍していたという事実や、今まで語られていた歴史の誤りなど、徹底した再検証で事実を掘り起こし解説。

このページのトップへ

関連書籍

日本奇術文化史

日本奇術文化史

日本の伝統的な奇術の歴史をたどる

 
そもそもプロマジシャンというものは

そもそもプロマジシャンというものは

”そもプロ”が待望の単行本化!

著者:藤山新太郎
 
 
マジックグッズ・コレクション

マジックグッズ・コレクション

待望の単行本化!

著者:土屋理義
 
 

このページのトップへ