限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 音楽表現学のフィールド

音楽表現学のフィールド

音楽表現学のフィールド

『音楽表現』とは何か?・・・音楽における異文化受容と音楽表現学の可能性から考察する

著者 日本音楽表現学会
ジャンル 芸術 > 音楽 > 音楽一般
出版年月日 2010/12/10
ISBN 9784490207217
判型・ページ数 272ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

◆移民状況の中の「歌」の記憶 ◆作曲家における異文化受容◆演奏における異文化受容◆聴衆における異文化受容◆宗教における異文化受容◆世代別に見た音楽の異文化受容◆「バロック」とはそれほど異文化的なのか?
◆タイユフェールとドリーブの歌曲に見る声による表現◆現代音楽から現代の音楽へ◆音楽の連続性を考える視点◆郷土芸能の学習における「口唱歌」における役割◆音楽的コミュニケーション能力を促すピアノ教育

このページのトップへ

内容説明

明治以降の西洋音楽の強い影響を考える「音楽における異文化受容」を中心テーマに、多面的・多層的な様相を持つ音楽文化について多角的なアプローチを試み、音楽文化の基底にある「音楽表現」とは何かを考察します。

このページのトップへ

関連書籍

音楽表現学のフィールド

音楽表現学のフィールド 2

音楽表現に関心のある方すべてに

 
 

このページのトップへ