限りなく広がる知識の世界 ―創業120年―
ホーム > 江戸時代の古文書を読む

江戸時代の古文書を読む

徳川の明治維新

江戸時代の古文書を読む

近年の研究成果をふまえ、維新期の徳川将軍や尾張徳川家の動向を解説する。

著者 徳川林政史研究所
ジャンル 歴史 > 日本史 > くずし字・古文書
出版年月日 2011/05/24
ISBN 9784490207378
判型・ページ数 B5・164ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

総説  明治維新とその時代
第1章 江戸城請取りの顛末
第2章 旧幕臣の駿河移住
第3章 徳川慶勝が見た宮中移住
第4章 森林をめぐる明治維新―御林から官林へ

このページのトップへ

内容説明

徳川林政史研究所が所蔵する原文を読み解きながら、明治維新の一側面を理解してもらおうという企画。
江戸城引き渡しや旧幕臣の駿河移住など、徳川側から見た明治維新を読み解く。

このページのトップへ

関連書籍

江戸時代の古文書を読む

江戸時代の古文書を読む

待望のシリーズ10冊目、最終巻刊行!

 
徳川の歴史再発見 森林の江戸学

徳川の歴史再発見 森林の江戸学

森林政策から見た「徳川300年」

 
 

このページのトップへ